« タンポポティー | トップページ | バネポーチ作製と過去の作品 »

2008年10月31日 (金)

久々の病院

今日は次周期に入る前の検査の為の通院でした。

検査と言っても、私の場合、エコーのみです。

久々の病院はちょっと緊張しましたcoldsweats02

待ち時間中に2度もトイレに行き、“こんなに緊張するなら

薬(安定剤と頻尿のお薬です)を飲んで来たらよかった…”

などと思いながらも、15分程待つと私の番でしたcoldsweats01

エコー検査では、案の定比較的大きな卵胞が1個あり、

思わず「勝手に出来てますか〜?」と先生に聞くと、

「うん、勝手に出来てるみたいですね(笑)。

でも、前の周期からのでしょう」と先生。

診察室に戻り、一週間分のお薬(プラノバール)の追加と

来週水曜日再度エコーで確認する事になりました。

今日の診察で次周期に向けて色々決まると思っていたので、

お休み期間もちょっと短かった事もあり、内心ほっとしています。

今日の診察では、次周期の培養日数の事を聞いてみたくて

まだ次周期の開始と決まった訳でもないのに聞いてみました。

私の過去の採卵は

 1回目→3日培養(IVF 21個採卵1個受精 翌周期移植)
 2回目→2日培養(ICSI 18個採卵15受精 グレードの良いものは6個)
 3回目→5日培養(ICSI 14個採卵13個受精 胚盤胞2個あとは成長止まる)
 4回目→4日培養(ICSI 19個採卵17個受精 グレードの良いものは9個)

以上です。比較的採卵数は多いのですが、

培養4日目から5日目で極端に数が減ります。これが悩みなのです。

前回の判定日に別の先生からは5日培養を考えている、と言われ、

「極端に数が減るので不安です」と訴えました。

すると先生は「採卵数によって考えましょう」と言ってくれたのですが、

別の先生の意見も聞きたく、今日は違う先生の日に予約を入れたのです。

今日の先生は初診時からお世話になっている女医さんです。
                     (判定日も別の女医さんです)
ほぼ毎回、採卵周期前の診察はこの先生に診てもらえる様に予約を入れます。

比較的年齢の近い事や自分自身の考えや思いも聞いてもらえるので。

で、今日の診察で先生の答えは5日培養でした。

“え〜、5日なん?”と心の中で思いましたが、

診察後冷静に考えると先生方にお任せするのが一番だと思いました。

この先生のいるこの病院で治療をして赤ちゃんを産むんだ、と

病院選びをした事、ステップアップした際

この先生にお任せしようと思った事等、

会計待ちの間に色々思い出されて、一瞬涙が出そうになりましたが

“先生にお任せしよう”と心の中で決めました。

                     

もうしばらくお休み期間とプラノバールは追加となりましたが、

ゆったりした気持ちで治療開始を迎えたいと思いますconfident


P1020612_2

手作りのベビーシューズです。玄関に飾って赤ちゃん待ちをしていますclover

« タンポポティー | トップページ | バネポーチ作製と過去の作品 »

不妊治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タンポポティー | トップページ | バネポーチ作製と過去の作品 »