« 高野山へ | トップページ | 手作りリップクリーム »

2009年7月16日 (木)

引き寄せの法則

同じ病院の方から教えてもらった本、『ザ・シークレット』。

本の内容というよりは、彼女の気持ちの表現がとても気になり、

そこから興味が湧いた本です。

同じ本を購入して読もうと思い、ネットで検索していく内、

関連本が結構出版されている事が分かり、自分にあった1冊を探す事に。

そこで見付けたのがコチラ
       ↓
P1040889

『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話』
     エスター・ヒックス ジェリー・ヒックス(吉田利子訳)

なぜ、私がこの本を読もうと思ったかというと、

きっかけは同じ病院の方ですが、自分自身の考えるクセ(思いグセ)を

変えたいと思ったから。人は不安を感じると“こうなったらどうしよう”

と悪く考える事がよくあると思うのですが、私の場合、その思考は極端に

悪い方向へ、最悪な状況へと落ちて行きますsad

仕事をしていない私は、何せ考える時間はたっぷりあるので、

どうしようもないくらいの不安や恐怖感に襲われる事もあります。

ちょっと病的です。なので、20代で患った肺結核治療終了後、

体はすっかり元気になったにも関わらず、病気への恐怖が付いて離れず、

不安感から体調が優れない事が多く、近所の掛かり付けの先生を度々

困らせていました。これは数年前の事で、今は体調は良いです。

ただ、長い積み重ねの“思いグセ”はなかなか変えられず、

精神的に苦しくなる事は今も度々あります。

                 
引き寄せの法則…、自分の思考がすべてを引き寄せる。

心配性の私は、何でも気を付けないと、と考えるのですが、

その考え過ぎ、気にし過ぎが、逆に良くない事に気付きました。

自分の求める前向きな気持ちは、例えば、“病気になりたくない”ではなく、

“心身ともに健康な体になる”という事。不安感の強い私は大抵は前者の様な

思考になります。今、本は8〜9割読み進みました。数日前まで実践出来そうに

ないなぁ、と思っていましたが、昨日読んだところで、コツが掴めて来ました。

でも、読んでいく内気付いたのは、普段旦那さんがよく言っている事でした。

引き寄せたいもの、それは沢山ありますsign01書き切れないぐらい…。

本の後半に“節目ごとの意図確認”というのがあって、これがこれからの

私にとてもプラスになっていきそうです。赤ちゃん待ちもそうですが、

今自分が抱えている色々な事が少しずつでも希望の形となる様、

引き寄せの力を高めたいと思いますconfident

           
同じ病院のMさん、本の紹介、ありがとうございました。

« 高野山へ | トップページ | 手作りリップクリーム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高野山へ | トップページ | 手作りリップクリーム »