« 小さいうさぎ | トップページ | 一年ぶりの歯科 »

2010年3月10日 (水)

てんさい糖

ウチでは料理に三温糖を使用しているのですが、生姜紅茶には黒糖

使っています。黒糖はミネラル分も豊富だと聞くし、コチラの本にも黒糖か

はちみつとあったので…。

先日、買い物に行った際、買い置きのお砂糖が無くなったので、

昨年頂いていたコメントで「てんさい糖が体にやさしい」、

というのを思い出し、買ってみましたwink

Ts3i0675

『ホクレンのてんさい糖』

Ts3i0677

生姜紅茶に入れる前に少し味見をしてみましたが、

後味引かない甘さとでも言いましょうか、あっさりした甘みに感じます。

そして黒糖と同じくミネラル分も含まれており、更にオリゴ糖も含まれて

いるのでお腹にやさしく、このお砂糖、体に良さそうな感じwink

そして何よりてんさい糖は北海道のビート(てん菜)から作られているので、

体を冷やさないというのが冷え性の私にはとても嬉しいnote

                      
普段使うお砂糖(上白糖や三温糖)や黒糖はサトウキビから作られて

いるので、体を冷やす食品に入っているのですが、黒糖は絞り汁を

そのまま煮詰めて作るお砂糖(含蜜糖)なので、ミネラル分が豊富に

含まれるアルカリ性食品だそうです。ちなみに上白糖や三温糖等は

遠心分離機等で密分を振り分け、結晶を取り出す(分蜜糖)為、

製造過程でほとんどのミネラル分は除かれてしまうそうです。

温かい地域のものは体を冷やす、とか、寒い地域のものは体を温める、

と言います。サトウキビは温かい地域で作る作物、てん菜は寒い地域で

作る作物、そう考えると納得。とはいえ、お料理によっては微妙な味の違いや

色が付くのはちょっと…、という事もありますし、お砂糖も使い分けかも

しれませんね。私は今のところ、三温糖と黒糖を使っていますが、

今回購入したてんさい糖も加えて、料理や飲み物、お菓子作り等使い分け

したいと思っていますhappy01

« 小さいうさぎ | トップページ | 一年ぶりの歯科 »

健康 体作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さいうさぎ | トップページ | 一年ぶりの歯科 »