« お別れ | トップページ | 九州のお土産 »

2011年8月20日 (土)

気持ち新たに

この三週間弱、慌ただしい日々を過ごしていた旦那さん。

8月からは有休だったものの、面接、公的な書類の申請、採用前の説明会。

友人のお見舞い、そしてお通夜、告別式。。。その他諸々…。

ウチの旦那さんは落ち込んでしまうだろう…、ととても心配してしていた

U君の亡くなった翌日の朝だったのだが、朝からネットで調べものをし、

9時過ぎには出掛けていった。というのも、亡くなった友人U君に生前

報告出来ていたのは、旦那さんの再就職の件だけ。

実は今回就職は決まったのだが、やろうとしている事が他にもあり、

U君には「ちゃんと形になれば報告する」とだけ話して、何をしようと

しているのか話していなかった。

旦那さんがやろうとしている事。準備中ではあったけど、まだ何一つ

決まっていなかったのも事実。何かに動かされているかの様に

旦那さんは動き、そして日程やら、細かい事を決め、知り合いの

会社にも挨拶をして帰って来た。

話しを聞いた私は、物事が確実に進んでいる事に驚いたのだけど、

ちょっとほっとした。それは、U君との最後のお別れに報告出来ると

思ったから。本来なら、元気に退院して実際その目で見てもらうはず

だったけど…。

今考えても不思議だけど、これはU君が背中を押してくれたのかも。

「蒼いうさぎ(旦那さんの事)、がんばれよ」って。

                         
U君とのお別れの翌日から、旦那さんはいつもの生活に戻り、

いつもの様に午前中は作品作りをしている。決まった就職の

初出勤は、この後送られて来る書類を見ないと分からないのだが、

8月下旬か9月初めらしい。

                   
新たに進み始めた我が家の生活。全速力で突っ走る事は出来ないけど、

ゆっくり、少しずつ更に前進したい。

               

« お別れ | トップページ | 九州のお土産 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みかんさんこんばんはshine
みかんさんご夫婦のお気持ちはきっと
お友達に伝わっていると思いますclub
そばで見守ってくれているはずですleo
人生の転機に色々なことが起こって
その人が道案内の助けをしてくれるbud
不思議な経験ですが・・・
亡くなった人の分までがんばれるかは分からないけれど
いつも心に思い続けて、共に歩んでいければ
いいな~と

同じ親友を失った私の今の思いです。

今はたくさん語りかけてあげてくださいshine
いっぱい泣いて、思い出を話して下さい。
亡くなった人は悲しみが癒えるまで側にいてくれているようです。
そして、生きている人がもう大丈夫だなと
思ったら「ありがとう」と
送りだしてあげて下さいleo

ふたたび会うまでの遠い約束notes

彼のメッセージ受け取れてよかったですshine
ご冥福をお祈りいたします。
              

♪うさこさん♪
こんばんは。
うさこさん、ありがとうございます。

亡くなった彼の分、頑張れるかは分からないのですが、
でも彼の分も精一杯生きたい、(自分達なりに)夢を叶えていきたいと思っています。

今は、毎日の様に亡くなった彼の話題が出ています。高校時代、大学時代のお芝居をしていた彼の話、入院中の事やら、本当に沢山…。24時間TVで闘病中の話を見てしまうと、重なる部分があり、ちょっと辛くなってしまいましたが…。

notes『夢の途中』、彼からのメッセージだと信じています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お別れ | トップページ | 九州のお土産 »