« 午後から | トップページ | クレヨン »

2012年1月31日 (火)

キャッツアイころがった

かなり前に耳にした『キャッツアイころがった』。

P1080496

キャッツアイころがった (著者 黒川博行

調べてみると、1986年第4回サントリーミステリー大賞を受賞した作品。

1986年といえば、私は高校3年生。そうそう、学生時代に近所の

お店のお兄さんから「“キャッツアイころがった”って知ってる?」

と聞かれたのは…。

中学から高校にかけては、小説を読むのはほとんど赤川次郎さん。

その他は、短大受験の為に覚えた、作者と作品のタイトルのみ、とかcoldsweats01

全てを読めない分、タイトルだけでも覚えようとしたんだな。

                        
『キャッツアイころがった』は、当時、賞を獲った小説として

知っていたので、少々気にはなっていたものの、何故か読む事がなかった。

で、25年経った今、ようやく読む機会がやって来た。

しかも、土曜日までに読もうと思っている。以前(学生時代)なら

半日程で読めそうなのですが、今は集中力にも欠け、本を5頁も読むと

睡魔に襲われる…sleepy

今日は火曜日。もう夕方だし、木曜日ぐらいには出掛ける予定だし、

実質2日ちょっとしかない。何だか学生時代の夏休みの宿題の

読書感想文を最後の最後まで残した気分。どうしても読まないと

いけない訳でもないのだが、読もうと決めた。しかも土曜日までにsign01

さてさて、慣れていない文体の小説を読み続けられるのかthink

« 午後から | トップページ | クレヨン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 午後から | トップページ | クレヨン »